ASPEX技術とは

AGC Schizosaccharomyces pombe Expression system 分裂酵母タンパク質生産システムの略称です

分裂酵母 S. pombe は、細胞の分裂方式や染色体構造に高等動植物細胞と類似性が見られることから、分子細胞生物学分野で真核細胞モデルとして近年良く研究されています。一方、遺伝子の転写メカニズムなどにも高等生物との共通点が多く、哺乳類の細胞周期関連遺伝子と高い相補性があることから、バイオ医薬品原体や産業用酵素など幅広いタンパク質の組換え生産に適した宿主としても注目されています。さらに、タンパク質発現のバイオプロセスにおいても、原核生物では難しいさまざまな翻訳後修飾や複雑な立体構造形成が可能である上、パン酵母同様に長い食経験がある安全な微生物であり、取り扱いが簡便であることとスケールアップ培養技術が確立されていることなども、この宿主の魅力です。

旭硝子では、この S. pombe の上述の特長を最大限に生かした独自の発現ベクターシステムの開発に成功し、各種タンパク質の効率的な生産を可能にしました。

  • 宿主 分裂酵母の由来、安全情報
  • 高発現を可能にするASPEX技術

バイオ医薬事業 トップへ

CMOソリューションサービス
受託製造サービス
プロセス開発サービス
受託発現サービス
サービスフロー
ASPEX技術とは
宿主(分裂酵母)
高発現系
多様な宿主
プロモーター
分泌シグナル
遺伝子組込み技術
培養条件最適化
バイオ医薬事業に関するお問い合わせ