サービスフロー

多様な改良宿主・プロモーター・分泌シグナルで目的タンパク質の特性に合った発現系を構築

旭硝子では長年にわたり分裂酵母による組換えタンパク質生産システム(ASPEX)の研究・開発を進めており、多様な改良宿主・プロモータ・分泌シグナルを保有しています。その中から、お客様の目的タンパク質の特性にあった組み合わせで、高効率の発現系を構築いたします。

まずお客様の目的タンパク質とその関連情報を開示いただくために、秘密保持契約を締結させていただきます。それに基づいて、旭硝子から試験計画と費用を提示させていただいてから、研究委受託契約の締結となります。(なお、標準の研究期間は3か月となっています)

組換えタンパク質の発現系構築に関するどのようなことでも、まずはお問い合わせください。

バイオ医薬事業 トップへ

CMOソリューションサービス
受託製造サービス
プロセス開発サービス
受託発現サービス
サービスフロー
ASPEX技術とは
宿主(分裂酵母)
高発現系
多様な宿主
プロモーター
分泌シグナル
遺伝子組込み技術
培養条件最適化
バイオ医薬事業に関するお問い合わせ