遮熱低放射複層ガラス「サンバランス」

「AGCと暮らし」は、旭硝子の製品がいかにみなさんの生活に密着しているかを紹介するコンテンツです。これを見れば、「あんなものも旭硝子の製品だったのか」「こんなものまで旭硝子が手がけていたのか」と驚かれることでしょう。

心地よい生活スペースを生み出す複層ガラス「サンバランス」

心地よい生活スペースを生み出す複層ガラス「サンバランス」

熱の日差しが降り注ぐ暑い夏の日。誰もが、強い日差しを避け、早く冷房の効いた建物に入りたいと思ったことがあると思います。逆に、寒い冬の日は暖房の効いたオフィスが恋しくなるのではないでしょうか。快適な空間作りに欠かせないのが、普段はその存在を気にもとめない家やビルの窓ガラス。みなさんは「どのガラスも一緒」なんて思っていませんか。旭硝子が開発した低放射複層ガラスの「サンバランス」は、人々が心地よく過ごすためのスペース作りに深く関わっているのです。

屋内を快適な温度に保つ秘密

快適な温度で心地よいスペース作りのためにもっとも大切なことは、窓ガラスの断熱・遮熱の効果です。効果が低ければ夏は外の暑さが、冬は外の寒さがそのまま屋内に伝わってしまいます。この断熱・遮熱の効果を高めるため、戸建てやビルの窓ガラスに多く利用されているのが、一枚ガラスとは大きく異なる複層ガラス「サンバランス」です。「サンバランス」は、二枚のガラスの間に「中空層」とよばれる6mmほどの空気層を設けています。この「中空層」が、放射熱の移動を低減し、高い断熱効果をもたらします。さらに、「サンバランス」は、外に面するガラスの内側に「特殊金属膜」をコーティングした構造になっています。この「特殊金属膜」は、太陽光線の中で可視光線だけを通し、肌に悪影響を及ぼす紫外線と熱を伝える赤外線をほとんど通さず、高い遮熱効果を実現しています。こうした断熱・遮熱の効果により、「サンバランス」は夏の冷房効率、冬の暖房効率を一段と向上させ、快適な空間を作り出すことに成功しているのです。

「中空層」は結露も防ぐ

「サンバランス」の強みは断熱・遮熱効果だけではありません。窓ガラスとは切っても切れない天敵である“結露”の抑制にも威力を発揮しています。“結露” の原因は部屋の内と外の温度差にあります。空気中に発生した水蒸気が温度の低い箇所に触れて飽和し、液体化したものが“結露”です。窓ガラスの“結露”を放置しておくと、カビの発生、腐食の進行といった問題が起こりかねません。「サンバランス」は「中空層」のおかげで断熱効果に優れ、室内側のガラス表面が極端に冷えることはありません。したがって、室外との温度差を最小限に抑えることができ、“結露”の発生を抑えているのです。 一般的に、室温25℃相対湿度60%の場合、一枚ガラスであれば外気温が約12℃で結露が発生します。しかし「サンバランス」であれば、外気温が約-5℃にならない限り、結露は発生しません。他のガラスと比較してもその違いは一目瞭然といえるでしょう。 断熱・遮熱・結露防止などの多彩な機能を備えた高機能ガラス「サンバランス」は、冷暖房の省エネルギー化を促進し、環境保全の観点からも注目を集めています。窓ガラスはあまりにも当たり前に存在するため、誰も気にとめることはありません。ですが、人々の快適な生活を、陰から確実に支えているのです。

サンバランス断面図

AGCと暮らし

「AGCと暮らし」は、旭硝子の製品がいかにみなさんの生活に密着しているかを紹介するコンテンツです。これを見れば、「あんなものも旭硝子の製品だったのか」「こんなものまで旭硝子が手がけていたのか」と驚かれることでしょう。

このページのトップへ

© COPYRIGHT ASAHI GLASS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.