UV&IRカットガラス「クールベール」

「AGCと暮らし」は、旭硝子の製品がいかにみなさんの生活に密着しているかを紹介するコンテンツです。これを見れば、「あんなものも旭硝子の製品だったのか」「こんなものまで旭硝子が手がけていたのか」と驚かれることでしょう。

女性にやさしいUV&IRカットガラス「クールベール」

真夏の車内はまさに灼熱地獄。クーラーをつけていても、大きなフロントガラスを通して肌に突き刺すような日差しに、誰もがイライラした経験があることでしょう。また、肌がじりじりして熱くなるのも夏の強い日差しの特徴です。走行中の車内では、このじりじり感が不快さを高める大きな原因になっています。旭硝子の自動車用ガラス「クールベール」は、そんな不快さを解消し、快適な運転を追求して開発されたガラスです。特に、女性の肌にやさしいガラスとして注目されています。もちろん、注目されるには理由があります。

女性にやさしいUV&IRカットガラス「クールベール」

紫外線・赤外線とは?

太陽光線は可視光線・紫外線(UV)・赤外線(IR)の3つに大別することができます。目に見える光が可視光線で、目に見えない光が紫外線と赤外線。この紫外線と赤外線が、肌を痛める大きな要因です。
すでに、紫外線については、対策商品が多く存在しています。サングラスや化粧品の紹介でよく「UVカット」という言葉を耳にすることもあるでしょう。特に、夏の強い紫外線はお肌の大敵です。日焼けや肌のシミ、シワの原因になるばかりか、皮膚ガンを引き起こすこともあります。紫外線をカットすることは、大切なお肌を守る基本ともいえます。赤外線は、物体に吸収されて主に熱に変わります。肌に当たると、中赤外域の影響により、ジリジリと焼けるような感覚を覚えます。赤外線をカットすることで、運転中のジリジリ感を軽減できるので、クーラーの効率も上げることができます。クーラーの効率を上げることは、車の燃費を抑えることにもつながるのです。

クールベールのすぐれたポイント

「クールベール」は、紫外線と赤外線をカットし、可視光線だけを透過する性質を持っています。
ではなぜ、「クールベール」は可視光線だけを透過し、紫外線と赤外線をカットできるのでしょうか。その秘密は独自の「合わせガラス」構造にあります。「クールベール」は車外に面するガラスと車内に面するガラスの間に中間膜と呼ばれる薄い膜を挟んだ三層構造になっています。中間膜に練り込まれているのは独自開発のIRカット剤。このIRカット剤は、赤外線の熱線を吸収するだけでなく、紫外線もしっかりと吸収することができる優れものです。こうした特殊な吸収粒子を中間膜に練り込むことで、ガラスとガラスの間で紫外線と赤外線を吸収し、可視光線だけを透過させることを可能にしています。
従来の自動車ガラスでは日射を受けて約30秒でジリジリ感を感じてしまいますが、「クールベール」なら約1分間近くジリジリ感を抑えます。通常のドライブであれば、1分前後で日陰に入ることができるので、「クールベール」を用いた自動車であれば、暑い真夏の日でもジリジリ感を感じることなく、快適なドライブを楽しむことができます。「クールベール」は、快適な運転をサポートする自動車用ガラスとして、すでに多くの国産車に取り入れられています。旭硝子はこれからも、快適さを追求する製品を開発していくことで、ドライバーの快適な運転をサポートし続けます。

Coolverreの仕組み
Coolverreの仕組み

ジリジリ感のカット性能
ジリジリ感のカット性能

AGCと暮らし

「AGCと暮らし」は、旭硝子の製品がいかにみなさんの生活に密着しているかを紹介するコンテンツです。これを見れば、「あんなものも旭硝子の製品だったのか」「こんなものまで旭硝子が手がけていたのか」と驚かれることでしょう。

このページのトップへ

© COPYRIGHT ASAHI GLASS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.