CSR関連方針

AGCグループにおけるCSRの考え方

AGCグループは、グループビジョン“Look Beyond” で掲げる「私たちの使命」、「私たちの価値観」、「私たちのスピリット」のもと、社会からの信頼・期待を獲得し、持続可能な社会づくりに貢献することを目指しています。また、「AGCグループ企業行動憲章」を定めるとともに、社会的責任に関する国際ガイドライン「ISO26000」を活用しています。

なお、AGCグループにおけるCSRの源泉であるグループビジョン“Look Beyond” は、各種教育、場内ポスター、ビジョンブックの配布やグループ報「We are AGC!」などを通じてグループ内での浸透を図っており、定期的に実施しているES調査を通じて、浸透度合いを確認しています。また、新規拠点においてもグループビジョンの浸透を適宜実施しており、例えば2014年に買収したフー・ミー・プラスチックス・アンド・ケミカルズ社(現:AGCケミカルズ・ベトナム)では、AGC旭硝子執行役員によるグループビジョンの説明会を開催しました。

AGCグループビジョン

AGCグループビジョン

AGCグループビジョンの構成

私たちの使命

私たちの価値観

私たちのスピリット

グループビジョン、経営方針などの体系

グループビジョン、経営方針などの体系

AGCグループ企業行動憲章

(2007年6月1日制定、2016年3月9日改定)

AGCグループは、グループビジョン“Look Beyond”で掲げる「私たちの使命」の下、「より良い地球・社会の実現」に貢献し、社会全体から信頼され、成長・発展を期待される企業となることを目指し、ここに憲章を定め自律的に行動します。

誠実な活動;高いIntegrityをもって
  1. AGCグループは、優れた品質の製品とサービスを、安全性と環境へ適切に配慮しながら開発、提供し、お客様の満足と信頼を獲得します。
  2. AGCグループは、各国・地域の法令と規制を理解し順守するとともに、国際規範を尊重します。
  3. AGCグループは、適正な取引を行うとともに、公正な競争の原則、ならびに適用される全ての法令や規制に準拠して事業を行います。
  4. AGCグループは、政治、行政、その他の組織及び個人と健全な関係を保ちます。反社会的勢力とは断固として対決します。
  5. AGCグループは、自社の情報・知的財産・資産を適正に管理し保護するとともに、お客様やお取引先様を含む他者の財産権を尊重します。
環境と安全;Environmentを追求して
  1. AGCグループは、環境保全を地球市民として必須の責務として受け止め、持続可能な社会づくりに貢献すべく、自律的に取り組みます。
  2. AGCグループは、環境に配慮した技術革新・新商品開発の推進と、事業活動における環境保全及び保安防災の継続的な推進に取り組みます。
  3. AGCグループは、企業活動に関わる人々に、安全で健康的な職場環境を確保します。
人間尊重;Diversityを共有して
  1. AGCグループは、人権を尊重し、各国・地域の文化や慣習に配慮した経営を行います。
  2. AGCグループは、人々の多様性、人格、個性を尊重し、人種、民族、宗教、国籍、性別、障がい等にこだわらず、差別のない働きやすい職場づくりを目指します。
  3. AGCグループは、強制労働、児童労働を認めず、人権侵害に加担しません。
社会との調和;Responsibility を果たし、Reliabilityを得る
  1. AGCグループは、善き企業市民として、その社会と地域に対する責任を果たします。
  2. AGCグループは、お取引先様と相互に有益で適切な関係を築きます。そして、お取引先様の方々とは、その準拠する行動原則が、AGCグループの基本姿勢と矛盾しないよう、ともに努めます。
  3. AGCグループは、お客様、地域の方々、株主様、従業員などグループ内外の様々な方々とのコミュニケーションを図り、その声を常時把握するとともに、企業情報を適切かつ公正に開示します。

AGCグループの経営者は、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、AGCグループ内に徹底するとともに、お取引先様に対しても協力を促します。また、本憲章に沿った意思決定及びその実施がなされるよう、実効ある社内体制を整備します。

本憲章に反するような事態が発生したときには、経営者は自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努め、適切に是正措置と処分を行います。

このページのトップへ

© COPYRIGHT ASAHI GLASS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.