環境マネジメント

AGCグループ環境基本方針

AGCグループは、環境負荷の高い事業を営んでいることを自覚し、「環境」を経営の最重要課題のひとつと位置づけています。環境に配慮した事業活動を実践していくための指針として、「AGCグループ環境基本方針」を制定しています。この方針のもと、事業活動に伴う環境負荷低減を進めるとともに、社会全体の環境負荷低減に貢献するべく、さまざまな環境関連製品の開発・供給に努めています。

また、環境を含む社会的課題の解決に向けた取り組みは、お取引先様も含めたサプライチェーンの全体で進めることが重要です。AGCグループでは、グリーン調達を進めているほか、お取引先様における環境を含めたCSR活動の実施状況を把握するため、サプライヤーCSR調査を実施しています。

(2001年2月9日制定、2008年6月25日改定)

AGCグループ環境基本方針

基本方針

AGCグループは、比較的大量の資源・エネルギーを使用するグループであるとの自覚のもと、グループビジョン “Look Beyond” の価値観の一つに「エンバイロンメント【環境】」を定めています。

私たちは、限りある資源・エネルギーを有効に使い、気候変動並びに生物多様性をも含む自然環境への影響に配慮し、素材・部材のグローバル優良企業として、持続可能な社会づくりに貢献していきます。

スローガン

善き地球市民として、一人一人が、環境活動に貢献しよう。

環境行動指針

AGCグループは、事業活動全体に渡って、以下の行動指針に基づき、 環境活動に取り組みます。

  1. 統合環境マネジメントシステムに基づく、継続的な改善に努めます。
  2. 環境に関する各種法令・条例・協定等に基づく規制・基準を順守します。
  3. 環境負荷低減並びに汚染の予防に取り組みます。特に、省資源、地球温暖化対策、廃棄物の削減・リサイクル、及び化学物質の適正な管理に関してAGCグループでの目標を設定し、達成に努めまた向上を目指します。
  4. 環境影響を考慮した製品・技術・サービス・設備の開発と社会への提供に努めます。
  5. 環境活動全般について、社会の正しい理解を得られるように積極的なコミュニケーションに努めます。

本“AGCグループ環境基本方針”は、公開します。

統合環境マネジメントシステムの運用

AGCグループは、2003年から「統合環境マネジメントシステム(統合EMS)」を構築・運用しています。統合EMSのねらいは以下の通りです。

  1. 拠点単位ではなく、事業部門ごとにEMSを統合することで、事業運営と一体となった環境活動を行う
  2. 生産拠点だけでなく本社、営業部門、研究・開発部門などをEMSに包含することで、製品設計、生産ラインの構築から、製造、物流に至るすべての過程で、事前の環境影響評価を行い、製品のライフサイクル全般にわたる環境負荷の低減につなげる

この統合EMSのもと、各部門が目標・計画を立てて活動し、その状況を経営層が統合マネジメントレビューによって評価しています。また、世界各地の事業拠点が同一の審査機関から国際的な統一基準に基づく外部審査を受けることで、国・地域ごとの活動レベルを把握するように努めています。これらの評価・審査の結果を次年度以降の方針・計画立案に役立て、活動の継続的改善を図っています。

また、2013年からは、AGCグループ全体のEHSQ(環境・保安防災、労働安全衛生、品質)に関する取り組みを統合的にマネジメントするため「EHSQマネジメントシステム」を構築し、グループ課題への取り組みを促進しています。

(2015年3月末時点)

統合EMS推進体制図

統合EMS推進体制図

  • (注) 事業部門が複数にわたる工場・関係会社については、事業部門ごとに拠点数・会社数を記載しています
  • (注) 統合EMSの構築組織は、1つの外部審査機関により、同一の審査基準で審査を受け、ISO14001の単一認証を受けています(2015年12月現在、一部拠点で外部審査機関による審査実施中で、上記推進体制での認証取得を進めています)
  • (注1) 統合環境管理責任者(Environmental Management Representativeの略)

(2015年12月末時点)

製造拠点におけるISO14001認証取得状況

所在地など 拠点数 認証拠点数
(うち統合EMS 認証拠点数)
AGC旭硝子 12 11(11)
国内グループ会社 95 71(69)
アジアグループ会社 35 33(30)
欧州グループ会社 105 53(9)
米州グループ会社 24 13(11)
合計 271 181(130)

(注) 非製造拠点では、国内外の131拠点で統合EMSを含むISO14001の認証を受けています

TOPIC

AGCチャイナ

中国の環境改善活動を支援

2015年11月、AGCチャイナ(AGCH)、中国科学院上海高等学院(SARI)、同済緑色建築協会(TGBC)の共同による「Green City, Better Life」セミナーが上海で開催されました。前年に続き3回目の開催となったこのセミナーには、都市建設の関係者100人以上が来場しました。午前の部では、大学、研究機関機構、建築設計院、ソーラー企業などの専門家やAGCを含む企業の担当者が、グリーンシティと関係する新しい技術や製品について講演しました。午後の部では、「エコ建築と材料」「エコ交通と新エネルギー」「環境と都市農業」の3つのセッションに分けて、AGCの中国各社とビジネスパートナーの担当者が最新の製品を紹介しました。また、併設の展示場において、AGCグループの各事業分野の40以上のパネル展示と製品紹介を行いました。

さらに、日本の経済産業省、日中経済協会、中国国家発展改革委員会、中国商務部が2015年11月に東京で開催した「第9回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」に、昨年に続き参加しました。フォーラムでは、日中協力案件が26件調印され、AGCHは「中国ガラス業界における省電力事業の実施」と題してガラス製造ラインの省エネに関する事例を発表するとともに、中国の省エネ環境事業への協力を表明。中国のパートナー企業と協力し、中国ガラス業界の省エネ事業を支援していきます。

「Green City, Better Life」セミナーの様子

「Green City, Better Life」セミナーの様子「第9回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」の様子

「Green City, Better Life」セミナーの様子

「第9回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」の様子

 

「第9回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」の様子

拠点におけるリスク低減活動の推進

AGCグループでは、リスクアセスメントの手法を用いて事業活動の中に潜む危険因子を定量的に評価し、危険性の高いものから対策を講じることで、リスク低減を図っています。2012・2013年には、「重大事故災害撲滅プロジェクト」を通じて、グループ全体で特にリスクが高い、溶融ガラスの漏洩や爆発などに関する課題の洗い出しと対策立案を進めました。2014年からは、BCP(事業継続計画)との連携も含め、事業部門で各対策案の浸透を図っており、EHSQ(環境・保安防災、労働安全衛生、品質)マネジメントシステムのレビューを通じて進捗を管理しています。

このページのトップへ

© COPYRIGHT ASAHI GLASS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.