2003.4.3 弊社市原市千葉工場の土壌・地下水汚染対策について(その4)

旭硝子株式会社

旭硝子(株)と当社関係会社である旭ペンケミカル(株)の、千葉県市原市に位置する両社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染に対応する遮水壁の設置、汚染機構解明及び浄化対策について技術的に充分検討し,一定の目処を立てることを目的に、専門知識を持つ学識経験者並びに行政(千葉県、市原市)、及び両社で構成する「対策検討会」が2001年7月に設置され、継続的に専門的な審議が行われてまいりました。

この「対策検討会」における審議の過程につきましては2001年12月28日に「第1回中間報告」として、2002年7月22日には「第2回中間報告」として取りまとめが行われ、弊社ホームページにてご報告致しました。

その後、引き続き検討を重ねてまいりました結果、2003年3月27日に開催された「第16回対策検討会」において、これまでの審議の集大成として「対策検討会報告」として取りまとめるに至りました。

以下にこの「報告」の中で了承された、両社の今後の進め方について概要を記します。

<汚染機構解明調査・浄化対策について>

汚染機構解明及び浄化対策に関する基本方針、及び作業方針に基づき当面は第1上部帯水層の高濃度部の浄化に傾注し、第3帯水層の汚染機構についても解明してまいります。また、逐次新技術などを検討、採用することによって、より効率的な浄化対策が出来るように努力してまいります。

<遮水壁設置について>

遮水壁設置に関しては、技術的な諸問題について種々検討を重ね、2002年12月末に施工を完了致しましたが、「対策検討会」において示された安全性、遮水効果などの指摘事項について、今後ともモニタリングを継続して実施し、検証してまいります。

なお、この「報告」の中で、「対策検討会」発足の所期の目的が達成できたとの共通
認識が得られたことから、今後は両社が検討会で示された指摘事項・留意事項について充分配慮しながら浄化対策を実施し、必要に応じて学識経験者と行政へ報告し、助言を仰ぎながら進めることとなりました。

これまでの約2年間にわたり、学識経験者並びに行政の皆様方からは、適切な助言とご指導を賜るとともに、暖かい激励に支えられてまいりました。
この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

【 ご 参 考 】

2002年12月26日
弊社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染への対策について(その3)
2002年07月23日
弊社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染への対策について(その2)
2002年07月22日
対策検討会 第2回中間報告 (PDF 244KB)

(正式名称:「旭硝子株式会社千葉工場及び旭ペンケミカル株式会社千葉工場に係る土壌・地下水汚染浄化対策検討会」第2回中間報告)

2002年02月13日
弊社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染への対策について(その1)
2001年12月28日
対策検討会 中間報告 (PDF 14KB)

(正式名称:「旭硝子株式会社千葉工場及び旭ペンケミカル株式会社千葉工場に係る土壌・地下水汚染浄化対策検討会」中間報告)

2001年05月14日
土壌・地下水調査結果及び今後の対策について

【 お問い合わせ窓口 】

旭硝子株式会社 千葉工場 総務グループ 
岡田 TEL 0436-23-3121

旭硝子株式会社 広報室        
桜井 TEL 03-3218-5243