2004.8.12 弊社市原市千葉工場の土壌・地下水汚染対策について(その6)

旭硝子株式会社

旭硝子(株)千葉工場(AGC)並びに関係会社である旭ペンケミカル(株)千葉工場(APC)は、千葉県市原市の両社工場の土壌・地下水汚染に対応するため、汚染機構解明調査及び浄化対策を継続しております。
従来よりご報告しております様に、AGC、APC両社工場は、学識経験者並びに千葉県、市原市の適切なご指導、ご助言により 汚染機構解明調査および浄化対策を 実施して来ております。
今回は、昨年 12月以降の調査・対策の進捗状況についてご報告させて頂きます。
なお、この間、 2004年3月26日、7月26日に学識経験者並びに千葉県及び市原市の行政当局の方々にお集まり頂き、報告会を開催し、アドバイスを頂きました。
ここに改めて御礼申し上げます。

  • 汚染機構解明調査及び浄化対策
    1. (1)第 1上部帯水層(不圧帯水層)の調査と対策状況
      1. ア.AGCエリアについては、ウエルポイント工法による揚水と同伴されるガスの吸引を 2機で継続しています。
        2002年3月から2004年7月までの間に揚水量は6,066m3 、吸引ガス量は1,599,796m3 、除去した揮発性有機化合物(VOCs)は21,371kgです。
      2. イ.APCエリアについては、揚水、ウエルポイント工法及び 2003年7月からは表層ガス抽出法を加えて除去を継続しています。
        2002年8月から2004年7月までの間、揚水量は15,446m3 、吸引ガス量は2,218,848m3 、除去したVOCsは11,922kgです。
      3. ウ.汚染物質除去を少しでも早める為、新たな浄化技術を検討し、その効果や二次的な影響等に関する試験研究を行うこととしています。
        その一つとして、薬剤等による VOCsの分解効果を確認するためのトレータビリティ試験(試験管レベルでの分解効果確認試験)を開始いたしました。
        また、水平井を用いたエアスパージングによる浄化試験を実施いたしました。
    2. (2)第 3帯水層について
      BW5-DおよびBW6-Dの中間地点に新たに設置した観測井(CI1-D)により、第3帯水層には汚染がないこと、及び既設のBW5-D、BW6-Dの観測井で認めた汚染は、ボーリング施行時に上部(第2帯水層)の汚染を引落としたことが原因であることを、前回報告いたしました。
      したがって、先ず BW6-Dについて、学識経験者のご助言に留意し、本年1月から4月にかけて慎重に改修工事を実施いたしました。この改修工事により、15kgのVOCsを除去することが出来ました。
      また、本工事の前後で、 CI1-Dのモニタリングを実施し、いずれも環境基準以下であることを確認しております。
      引き続き、 BW5-Dの改修工事を実施するとともに、モニタリングを継続してまいります。
  • 周辺海域、遮水壁、地下水流動のモニタリングについて
    1. (1)周辺海域のモニタリングについて
      図 -1に、示します地点におきまして、継続して、海水中のVOCs濃度をモニタリングして参りましたが、すべて、環境基準を下回っている事を確認しております。
    2. (2)遮水壁揚水井の運転状況について
      遮水壁揚水井については、第 1下部帯水層、および第2帯水層の各深度にそれぞれスクリーンを設置し2003年4月から全揚水井の揚水を開始しました。
      1年後の2004年4月までの総揚水量は61,694m3 で、揚水に伴ない除去したVOCsは、11,511kgになりました。(遮水壁内側の揚水井で7,943kg、外側の揚水井で3,568kg)。
      今後は、更に、VOCsの除去を加速するために、揚水井を増やす計画です。
      その際に、最適な揚水井の配置および揚水量とする為の調査を 6月より開始しており、本調査の結果が出次第、揚水井の増設工事を開始する予定です。
    3. (3) 地下水の流動状態について
      揚水開始後の地下水の流動状態を確認するために地下水位の一斉測水を、季節変動も考慮して、 春、夏、秋、冬( 5,8,11,2月)と 年 4回実施してまいりました。
      その結果、各調査時期ともに、地下水流動状況に大きな違いはなく、遮水壁揚水井に向かう流れが確認されました。(図 -2(春-秋の比較))
      今後も一斉測水を、年 2回(11月、5月)継続してモニタリングしてまいります。

図はPDFにてご覧頂けます

図-1(PDF 17KB)

図-2(PDF 361KB)

【 ご 参 考 】

2003年12月03日
弊社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染への対策について(その5)
2003年03月27日
弊社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染への対策について(その4)
2002年12月26日
弊社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染への対策について(その3)
2002年07月23日
弊社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染への対策について(その2)
2002年07月22日
対策検討会 第2回中間報告 (PDF 244KB)

(正式名称:「旭硝子株式会社千葉工場及び旭ペンケミカル株式会社千葉工場に係る土壌・地下水汚染浄化対策検討会」第2回中間報告)

2002年02月13日
弊社千葉工場敷地内の土壌・地下水汚染への対策について(その1)
2001年12月28日
対策検討会 中間報告 (PDF 14KB)

(正式名称:「旭硝子株式会社千葉工場及び旭ペンケミカル株式会社千葉工場に係る土壌・地下水汚染浄化対策検討会」中間報告)

2001年05月14日
土壌・地下水調査結果及び今後の対策について

【 お問い合わせ窓口 】

旭硝子株式会社 千葉工場 総務グループ 
岡田 TEL 0436-23-3121

旭硝子株式会社 広報室         
桜井 TEL 03-3218-5243