サイトレポート

京浜工場

京浜工場

先端技術開発棟全景

AGC旭硝子京浜工場は、京浜臨海工業地帯の中核地、横浜・鶴見で1916年に操業を開始しました。現在では、横浜市の研究開発拠点として発展を続ける「横浜サイエンスフロンティア」の一角に位置する工場として、最先端技術に対応したガラスの研究開発および住宅・ビル用各種板ガラス、電子用ガラスの生産を行っており、研究開発・生産の主力拠点としての機能を果たしています。

所在地/〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町一丁目1番地MAP
操業開始年/1916年(大正5年)
代表者/長野 整
従業員数/772名(2015年12月末現在)
主な事業内容/研究開発および建築用板ガラスの製造

環境パフォーマンスデータ

  2011 2012 2013 2014 2015
大気 CO2(千トン) 140 92 120 101 78
NOx(トン) 101 78 167 88 58
SOx(トン) 2 1 1 1 1
ばいじん(トン) 2 1 2 1 1
水質 総排水量(千m3 1,140 852 733 603 796
COD(トン) 2 2 2 2 2
廃棄物 最終処分量(トン) 0 0 0 0 0

休業災害度数率

2011 2012 2013 2014 2015
0.00 0.00 0.00 0.00 0.50

(注) 集計対象者は、事業所で働くすべての人(AGC旭硝子従業員+協力会社従業員)です

TOPIC

気候変動への対応

環境負荷の継続的削減を目指し、各種省エネ活動を実施

AGC旭硝子京浜工場は、1998年に国内のガラス業界で初めてISO14001の認証を取得しました。その後、AGCグループ統合環境マネジメントシステムへの切替えを進め、継続的な環境負荷削減活動を実施しています。特に、廃棄物の削減については工場全体で取り組み、優良事例の横展開などを実施した結果、2009年にリサイクル率100%を達成しています。

また、ガラス生産の主力拠点として、多くのエネルギーを使用していることを認識し、省エネ活動に力を入れています。例えば、2001年に板ガラス製造では日本初の「全酸素燃焼法」を導入しました。これは、燃料を酸素だけで燃焼させガラスを生産する方式で、燃焼に必要のない空気中の窒素を加熱せずにすむため、エネルギー効率が高まるとともに、NOxの発生を非常に少なくすることができます。導入前に比べて、ガラス単位生産量当たりのCO2排出量とNOxの排出量は、それぞれ約30%、80%削減しました。そのほか、不要な照明消灯やエアコンの温度設定などの一般的な施策に加えて、従業員のさまざまなアイデアを募集する「省エネコンペ」を開催し、楽しみながら工場全体一丸となって省エネ活動を進めています。また、節電効果を「見える化」して掲示板などで紹介することで、従業員の省エネ意識の向上につなげています。

全酸素燃焼法の仕組み

全酸素燃焼法の仕組み

「省エネコンペ」の募集要項

「省エネコンペ」の募集要項

生物多様性の保全

「みどリッチ活動」で工場内の緑化推進

AGC旭硝子京浜工場では、工場内の緑化推進や従業員の環境への意識向上を目的として、従業員による場内の植栽活動「みどリッチ活動」を四半期に1回行っています。植栽範囲の拡大と定着化が課題でしたが、チーム単位での植栽や水やり管理などの工夫を取り入れ、四半期に一度コンテストを開催してチーム表彰を実施することで、活動の活性化を進めています。

植栽活動の様子

植栽活動の様子

みどリッチ活動参加メンバー

みどリッチ活動参加メンバー

労働安全衛生

労働安全衛生マネジメントのもと、労働災害防止に努める

危険体感研修の様子

危険体感研修の様子

AGC旭硝子京浜工場は、2000年に労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の認証を取得し、PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルを効果的に回すことで労働災害防止に努めています。また、このマネジメントシステムの有効性を高めるために、リスクアセスメントのレベルを向上させる取り組みを行っています。具体的には、安全中核要員やOHSMS推進員がトレーナーとなり、製造現場第一線級の従業員に対してリスクアセスメント教育を実施したほか、工場全体でリスク低減活動に取り組み重大リスクの低減を進めています。

さらに、従業員の労働安全衛生教育の一環として危険体感研修を行っています。この研修は、回転物への挟まれ・巻き込まれ、感電などの労働災害を自ら疑似体験することで、安全意識を高め、労働災害に結び付く行動をなくすことを目的としています。

熱中症予防セミナーを開催

熱中症セミナーの様子

熱中症セミナーの様子

ガラスを製造するAGC旭硝子京浜工場では、ガラスを溶解・加熱する高熱作業場における業務が多いため、同工場で働く従業員全員を対象に熱中症対策を行っています。具体的には、熱中症の症状や予防策などをテーマとした熱中症セミナーを毎年3〜4回開催し、従業員の熱中症に対する意識向上を図ったほか、スポーツドリンクの活用、休憩所の追加などを行いました。セミナーには毎年200名以上の従業員が参加しています。

保安防災

災害発生時の迅速な対応に向けて訓練実施

避難訓練の様子

避難訓練の様子

救命法講習会の様子

救命法講習会の様子

AGC旭硝子京浜工場では、防災面のリスクを低減するとともに、緊急時の対応力を向上させるため、総合防災訓練や夜間休日緊急通報訓練、防災体感研修などを実施しています。

2011年度は、同年3月に発生した東日本大震災を受け、京浜工場が運河沿いに位置することから、津波被害を想定した避難体制や避難場所を新たに検討し、防災体制を見直しました。この体制のもと、定期的な総合防災訓練に加えて、部署の特性に応じた防災訓練も実施し、問題点を洗い出して継続的な改善を図っています。

また、救急救命法の講習会を年2回継続実施しており、毎年約50名の従業員が受講してAEDの使用方法を習得しています。現場での事故や急病人が発生した際に誰もが対応できるよう、3年ごとの受講を推奨しています。

今後も、より効果的・実践的な防災訓練や研修などを通じて、大規模な災害に対応できるように努めます。

社会貢献活動

京浜工場100周年記念 近隣小学校へのガラス授業・工場見学を実施

AGC旭硝子京浜工場は、2016年6月16日に操業100周年を迎えました。100周年記念事業として、2015年からさまざまなイベントを展開しています。その一環として、2016年1月に近隣小学校を対象としたガラスの授業および工場見学を実施しました。

防火用の網入りガラスや視界を遮る型板ガラスを操業当時から生産し続ける歴史ある工場として、100年にわたりお世話になっている地域の子どもたちに、地元の製造業について知ってもらうことを目的としています。

例えば、ガラスの授業では、ガラスの歴史や原料について知ってもらい、さまざまなガラスに触れたり割ったりすることで、ガラスの機能や素材としての可能性について体感してもらいました。工場見学では、製造現場を直接見てもらうことで、ガラス工場のダイナミックさや、働くことの大変さ、やりがいについて考えてもらう良い機会となりました。このイベントには、近隣小学校の5年生46名が参加しました。

子どもたちからは「色々な役割のガラスがあることを知った」「開発の大変さを知った」といった感想文と、「未来のガラスを開発しよう」というテーマで、新しいガラスのアイデアをたくさん出してもらいました。

この活動は、工場で働く従業員のモチベーション向上にもつながっており、今後も継続的に実施していく予定です。

ガラス破壊実験の講師を担当する従業員

ガラス破壊実験の講師を担当する従業員

工場見学の様子

工場見学の様子

毎月100名が工場周辺の美化を目指して歩道を清掃

清掃活動の様子

清掃活動の様子

AGC旭硝子京浜工場は、ISO14001を取得した工場として周辺地域の環境美化に取り組むという方針のもと、1999年から毎月1回工場周辺歩道の清掃活動を行っています。この活動は、毎回約100名が参加する大規模なものであり、今では工場の行事として定着しました。空き缶などのゴミ拾いを通じて周辺地域の環境美化を推進するとともに、参加者が拾ったゴミを率先して分別するなど、従業員の環境意識向上にもつながっています。

このページのトップへ

© COPYRIGHT ASAHI GLASS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.