2004年01月22日製品

当社高機能フッ素樹脂「フルオン(R)ETFEフィルム」が2006年ワールドカップ ドイツ大会の開幕戦サッカースタジアム「Allianz-Arena」に採用される

旭硝子(株)(本社:東京都、社長:石津進也)は、2006年ワールドカップ ドイツ大会の開幕戦が行われるサッカースタジアム「Allianz-Arena」(アリアンツ・アリーナ:バイエルン州ミュンヘン市 収容人員:67,000人)に使用されるフッ素樹脂フィルムを受注しました。なお同スタジアムはフッ素樹脂ETFEフィルムを使用した膜構造建築物としては世界最大で、受注数量は約15万m2の予定です。

Allianz-Arenaは2005年5月にオープンを予定しているサッカースタジアムで、ドイツのプロサッカーリーグ「ブンデス・リーガ」のTSV1860Munchenとオリバー・カーン選手が所属するFC Bayern Munchenの2チームの本拠地となります。また2006年に開催されるワールドカップ ドイツ大会の開幕戦が行われることも決定しています。このスタジアムは(1)滑らかな曲面の側面・屋根を実現する(2)グランドの芝生育成に必要な紫外線を取り入れる(3)透明・半透明の側面・屋根をプロジェクションのように利用してカラフルな演出を行う、などの目的から、側面及び屋根部分のセルに2重構造のフィルムをはめ込み、そのクッション内部を空気圧力で膨らませる構造となっていますが、今般、同スタジアムで使用されるフィルム全量を当社が受注しました。

 今回受注した製品は、当社が原料から一貫生産している高機能フッ素樹脂「フルオン(R)ETFEフィルム」(日本国内での商標はアフレックス)で、耐熱性・耐薬品性・非粘着性・電気特性・耐候性・透明性などの優れた特徴により、1975年の発売開始以来、エレクトロニクス、航空・宇宙、太陽電池、キッチン周り、壁紙、グリーンハウスなどに幅広く使用されており、フッ素樹脂ETFEフィルムとしては世界No1の生産・販売量です。
また(1)透明で軽い(2)曲線状の施工が可能(3)汚れがつきにくくメンテナンスが容易(4)劣化しにくく寿命が長い、などの特徴が評価され、欧州では建築材料として採用されるケースが近年急増しています。今回は、樹脂からの一貫した高品質生産販売体制とAllianz-Arena用に開発した半透明白色フィルムが評価され、受注に至ったものと考えています。

 今後も建築用ガラス分野で培った選択的光学特性付与技術などを活用し、全世界において建築分野用「フルオン(R)ETFEフィルム」を使用したお客様へのソリューション提案に努める所存です。

以 上

(ご参考)
Allianz Arenaの概要
所在地: バイエルン州ミュンヘン市(ドイツ)
着工: 2003年10月
竣工予定: 2005年5月
設計: Herzog & de Meuron Architekten AG
施工: Alpine Bau Gmbh
フィルム施工: Covertex Gmbh
総工費: 280百万ユーロ
収容人員: 約67,000人
Allianz Arenaのホームページ:http://www.allianz-arena.de

本件に関するお問い合わせ先
旭硝子(株)広報室長 川上 真一
担当:小田
TEL: 03-3218-5408
E-mail: info-pr@agc.co.jp