フラットパネルディスプレイ用ガラス

AGC旭硝子が誇る先進の技術は、さまざまな用途で採用されています。

フラットパネルディスプレイ用ガラス

高いシェアを誇るAGCのフラットパネルディスプレイ用ガラス

今や大人気商品となっているスマートフォン、タブレットや薄型大画面テレビをはじめ、パソコンモニター、デジタルサイネージなど、さまざまな場面でフラットパネルディスプレイ(FPD)が使われています。
FPDは用途やサイズに応じてさまざまな種類がありますが、AGCでは薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ(TFT-LCD)用ガラスの市場で、世界2位のシェアです。

世界で初めてFPD用ガラス基板に「フロート法」を導入

建築用の板ガラスや自動車ガラスの分野では、大型の窯でガラスを水平方向に引き出して成形する「フロート法」が主力で、AGCでも長年にわたって蓄積した技術をもとに、同製法で高品質のガラスを市場に供給してきました。一方、電子材料用ガラス基板の分野では、小型の窯でガラスを垂直方向に引き出して成形する「フュージョン法」が主流。これは、多品種少量生産に向いた製法として、他のガラスメーカーを中心に発展してきました。そのため、精密さを求められるFPD用ガラス基板には、大型窯の「フロート法」は向かないとされてきたのです。
AGC では、FPD用ガラス基板市場の将来性を見込み、大量生産とガラス基板の大型化にも最適な「フロート法」をいち早く取り入れ、試行錯誤の末に世界で最初に製品化に成功しました。TFT-LCD用ガラス基板の市場へは、最後発での参入だったにも関わらず、他社とは大きく異なる製造方法で、世界2位というシェアを占めるまでになったのです。

大量生産とガラス基板の大型化に最適な「フロート法」

大量生産とガラス基板の大型化に最適な「フロート法」

電子材料用ガラス基板の分野で主流の「フュージョン法」

電子材料用ガラス基板の分野で主流の「フュージョン法」

環境にも配慮したTFT-LCD用ガラス基板

TFT-LCD用ガラス基板は、表面に液晶表示のスイッチの役割を果たすトランジスタを取り付けるため、建築用など一般的なガラスに含まれるアルカリ成分の排除が必要です。アルカリが含まれていると、液晶材料を汚染するだけではなく、トランジスタ特性に悪影響を及ぼしてしまうのです。さらに、通常のガラス製造では、溶解中に発生した気泡を抜くための添加物としてヒ素やアンチモンが用いられます。ヒ素は化学物質排出移動量届出制度(PRTR)でも特定第1種指定化学物質とされており、環境や人体への影響が懸念されている有害物質です。AGCではこれらの有害物質を一切使用しない、無アルカリガラスの技術を開発しました。環境にやさしいFPD用ガラスとして高い評価を受けています。

TFT-LCD用ガラス基板

TFT-LCD用ガラス基板

「薄型化」「軽量化」「大型化」を支えるAGCの技術

液晶テレビが大型化する一方で、小型製品の需要も高まっています。さらに、画面の薄型化や軽量化も進むなど、ガラス基板にはより高い性能が求められています。AGCでは未来を見据えて、さらなる技術開発につとめ、環境にも一層配慮した製品作りに取り組んでいます。大型から小型まで、さまざまなディスプレイガラスを取り扱う当社ならではの技術力で、これからもあらゆるニーズに対応してまいります。

このページのトップへ

© COPYRIGHT ASAHI GLASS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.