セラミックス事業

1916年、ガラス窯用耐火物の生産開始とともにスタートしたセラミックス事業がAGCセラミックス(AGCC)の原点。 以来、1世紀にわたって技術開発と技術蓄積を重ね、電鋳耐火物・結合耐火物・不定形耐火物・ファインセラミックスという 4つの素材技術を保有する日本では唯一のメーカーへと成長を遂げた。 ガラスエンジニアリングと環境・エネルギーの2つの事業分野で、セラミックス素材を核としたソリューションを世界に提供していく。

製造・生産技術

「ガラス技術立社」を支える素材技術でガラスをはじめ様々な素材の進化と環境保全に貢献

品質の高い耐火物がガラスをはじめとした様々な素材の品質を支えている。それがAGCセラミックス(AGCC)の誇りであり信念だ。たとえばFPD用の液晶ガラスは製品規格の厳しい電子部材だけに、その製造にあたってはより高い精度・品質が求められる。これに対してAGCCは、ジルコニア系電鋳耐火物を開発し、液晶ガラス製造を支えてきた。AGCグループが掲げる「ガラス技術立社」は、まさに耐火物というキーマテリアルの進化によって支えられている。
また、ファインセラミックス分野では、その素材特性を活かした部材・機材をタッチパネルメーカーや成膜メーカーに提供している。 こうした製品開発を支えているのがAGCCの開発センターだ。ガラス窯寿命延長を目的とした高耐用電鋳煉瓦開発、超断熱不定形耐火物開発、次世代スパッタリングターゲット開発など、素材産業の進化と環境に貢献する開発力で、AGCCは世界の先端を走っている。

市場・販売体制

多岐にわたる業界でお客様とともに世界のオンリーワンをつくる

ガラス・セメント・アルミなど、AGCCが対象とする業界は多岐にわたる。事業分野は、ガラス溶解炉に関わる幅広い技術でソリューションを提供するガラスエンジニアリング分野と、高機能耐火物・ファインセラミックス等の商品を提供する環境・エネルギー分野の2つで電鋳耐火物・結合耐火物・不定形耐火物・ファインセラミックスの4製品とエンジニアリングサービスをラインナップしている。しかも市場はグローバルに広がっている。たとえばガラス文化に裏打ちされた高品質で旺盛なガラスの市場があるヨーロッパで、あるいは建設ラッシュで耐火物需要が拡大するアジア圏や中近東で、多様なプロジェクトが技術者や営業担当者を待ち受けている。
また世界中のお客様のニーズをしっかり吸収しながら、お客様と一緒になって、オンリーワンのものづくりを進めていくのも特徴だ。
事業領域が広く、世界が近い、お客様が近いということは大きなやりがいにつながる。

将来展望

“Earth Saving2025”をスローガンに価値創造による環境への貢献を

AGCCは関係会社も一体となって成長していくためにグループ・アイデンティティ“Earth Saving2025”─「私たちは、地球環境を護るために、セラミックスによって新たな価値を生み出します」を定めた。その背景には、ガラス産業をはじめとして、AGCCが携わる業界がエネルギー多消費型の産業だという現実がある。そこに耐火物を提供する企業として、地球温暖化問題に真剣に取り組むべき大きな責務があるというのがAGCCの認識だ。そこを踏まえたうえで、AGCCは環境・省エネ市場を切り拓き、グローバル市場に打って出ることで、さらなる成長・拡大をめざしていく。それこそが地球環境の保全、エネルギー資源の保護に貢献する道であると信じて。

ページトップへ