村田 淳 Atsushi Murata

AGC PERSONS 技術系

村田 淳 Atsushi Murata ガラスカンパニー オートモーティブ事業本部(取材当時)|2009年入社 物理系|村田 淳 Atsushi Murata ガラスカンパニー オートモーティブ事業本部(取材当時)|2009年入社 物理系|

仕事・研究内容

自動車用合わせガラスの製造ラインの工程改善、新規品種立ち上がりのための工程改造などを担当しています。工程改善については、特に工程で問題のある箇所に関して、調査・分析を行い改善に向けて具体的な対策を考えます。技術的な側面から改善する方法を探し、開発部門の協力を得ながら改善策を探索します。その後、対策を実施し、その対策が十分であるかを確認。不十分であればさらに調査を行い、対策を講じるというサイクルを再度回していきます。新規品種立ち上がりのための工程改造については、今までにない形状、大きさ、成形の難しいガラスを生産するために必要とあれば、工程の改造を実施します。新しい工法の検討もわたしの職務であり、お客様のご要望にできる限り答えることを目指し、設備、治工具、条件などの観点からアプローチしていきます。

仕事のやりがい

自動車用ガラス製造の仕事の魅力のひとつは、街でAGC旭硝子製の自動車用ガラスを見かける機会が多いことです。特に苦労して対応したガラスについては記憶が鮮明であるため、ガラスを見るとさまざまなことが思い出され、大きなやりがいを感じます。さらに、現業務は研究とは異なり、自分一人でできることは少なく、設備部門や開発部門など他部門の協力を得ながら仕事を進めることが多くなります。その中で自分とは異なる考えや立場の方々と同じ目標に向かって仕事を進めることは、非常に貴重な機会であり、エンジニアとして成長を実感できる瞬間でもあります。

村田 淳 Atsushi Murata

入社動機、今後の目標

就職活動をする際、ものづくりに魅力を感じていたのでメーカー、中でも素材メーカーに就職したいと考えていました。また海外で働くことにも興味を持っていたので、海外勤務の機会のある企業という視点で企業探しをしていました。そうして出会ったのがAGC旭硝子です。世界シェア1位というところも魅力でしたが、入社を選択する決定的な要因となったのが工場見学です。工場ではたくさんの先輩社員の話を伺うことができ、そこで働く具体的なイメージを持てたことが大きかったと思います。今後の目標は海外でも通用する人財になることです。自動車事業部では入社6~9年目で海外に赴任になることが多いのですが、海外に出かけた際に現地の人に認められ、信頼されるようなエンジニアになっていたいと考えています。

AGC旭硝子のオススメポイント

わたしのオススメポイントは、教育研修がしっかりしている点です。製造工程、開発内容によって、それぞれ専門分野が細かく分かれていますが、各分野の専門家から講義を受けることができます。講義は定期的に開催されており、必要に応じて講義を受講することが可能です。わたし自身、担当する製品、業務内容の変化によって、新しい分野の知識が必要になった場合は、社内の講義を積極的に利用しています。それぞれ豊富な実務経験に根ざした講義であるため、実際に現場で起きている事象を原理原則にまで遡って深く理解することができ、日々の業務に役立つことの多い内容となっています。

ページトップへ