南野 健一 Kenichi Nanno

AGC PERSONS 技術系

南野 健一 Kenichi Nanno 技術本部 エンジニアリングセンター(取材当時)|2008年入社 電気・電子系|南野 健一 Kenichi Nanno 技術本部 エンジニアリングセンター(取材当時)|2008年入社 電気・電子系|

仕事・研究内容

現在は、電気担当者として設備検討の大型プロジェクトに参画しています。はじめて担当する工程のため、プロセス制御技術や電気設備技術を習得しつつ、設備コストを抑えて製品を生産できる工場を計画・建設し、事業に貢献することを目指しています。これまでわたしが手がけて来た仕事では、製品を安く生産するために、良品率・生産性を上げることを最重要視して来ました。そのために設備レイアウトを幾度も検討したり、上手く・速く・精度よくガラスにエネルギーを伝えるための電気制御を実現して来ました。しかし、安く設備を設計するとなると、電気の専門分野の知識だけでは限界があり、省エネ技術やプロセス技術への深い理解、IE分析など幅広い知識が必要となって来ます。現在はプロジェクトチームの先輩方や社内の知見者の方と共に、事業に貢献すべく日々さまざまな検討を重ねているところです。

仕事のやりがい

わたしが一番のやりがいを感じるのは、設計の要求仕様を達成するために、現地で設備の動作確認を行う試運転のフェーズです。このフェーズの最優先項目は、それぞれの設備が設計通りのスペックを発揮しているかどうかの確認です。一方、製造担当者は期限までにお客様にサンプルを提出するため、品質検査やオペレーションの確認を行う必要があります。試運転が佳境ともなると、毎日朝と夕刻に関係者と打ち合わせを行い、試運転とテストスケジュールの確認を行います。設備の電気担当者といえども試運転の計画はもちろん、さまざまな関係部署との調整などを関係者の中心でやり抜くことも求められます。トラブル、予定変更の対応に追われることも多く、夜間に試運転を行うこともありますが、設備担当者としては一番やりがいを感じます。とくに検査ラインの担当者からトランシーバで「1枚目の良品取れました」という連絡をいただいた時は、非常に大きな達成感を感じます。

南野 健一 Kenichi Nanno

入社動機、今後の目標

はじめはものづくり以外の業界を志望していましたが、就職活動を進めて行くうちに「やはり、ものづくりがしたい」という気持ちが強くなりました。そんな中、大学の就活セミナーでAGC旭硝子と出会いました。そこで、エンジニアリングセンターという自社のためだけのエンジニアリング部門があること、そこでプロジェクトの計画立案・予算作成から設備の設計、海外を含む工場建設、立ち上げまで幅広く携わる仕事があり、大きな魅力を感じたため、入社を決意しました。今後は、量産ラインの建設だけではく、もう少しお客様に近い立場の仕事もしてみたいと思います。たとえば、お客様はどんなプロダクトを必要としているのか、プロダクト製造のプロセスにはどんな技術が必要か、といったことの探索、要素技術の開発も手がけてみたいと考えています。

AGC旭硝子のオススメポイント

間違いなく成長を実感できる職場です。とくに年次に関係なく責任を強く持って仕事に臨んでいれば、上司はかなりの部分を任せてくれます。最初は設計力もないため多くの失敗をすることもありますが、その際の対応が重要で最後までやり抜くことが大切です。自分が設計した設備を立ち上げていくことが、どれだけ大変かを思い知らされますが、それだけにさまざまな試練を経験できます。ひとつの仕事を終えてみると、同じ仕事が容易に感じるほど成長できていることが分かります。またプロジェクトの計画・立案から設備の据付・立ち上げまでを遂行する過程で、社内・社外の方と多く関わります。ひとつのプロジェクトに参画するだけで、多くの人脈ができ、海外の案件では多くの外国人と人脈を築くことができます。

ページトップへ