中川 浩司 Kouji Nakagawa

AGC PERSONS 技術系

中川 浩司 Kouji Nakagawa 技術本部 生産技術センター(取材当時)|2006年入社 機械系|中川 浩司 Kouji Nakagawa 技術本部 生産技術センター(取材当時)|2006年入社 機械系|

仕事・研究内容

主にスマートフォン向けなどの「より割れにくい強化ガラスの製造プロセス開発」に携わっています。とくにここ数年は新規プロセスを提案しており、同時にその技術ならではの新商品開発に注力しています。昨今、研究開発は技術だけでなく効率も求められ、開発の初期段階から「技術開発」ではなく「商品開発」、つまりその技術を使って「どう世の中に価値を提供していくか」という視点を入れ込むことが重要となってきます。新規提案テーマを進めながらも、テーマのマネジメントの一環として、技術を最も知る技術者自身がその技術を活かした商品を提案するという「効率のよい開発の進め方」についても積極的に進め、情報収集やマーケティング活動なども行っています。また、チームメンバーがその取組みの意味を共有し実行できる「場」の提供も、マネージャーとして重要なミッションだと捉え取り組んでいます。

仕事のやりがい

仕事を進める上で心がけていることは、「お客さまはもちろん、開発者自身がワクワクするようなものづくり」です。やらされ感がある仕事、あるいは嫌々やる仕事では絶対に良いものは生まれないと思っています。そのためにも関わるメンバーに対して、そのワクワク感を共有するための「ストーリー」を考えることが重要で、技術者自身もそれを積極的にアピールすることが大切だと思っています。社内外でのプレゼンにおいて、技術をデータだけでなく目に見えるサンプルとして提示することで、関係者の共感を得て、それによってさまざまな人の協力を得ることができるのです。人を巻き込んで働くことで、個人では出せない成果を出すことこそ、企業で働くことの醍醐味だと思っています。

中川 浩司 Kouji Nakagawa

入社動機、今後の目標

大学の研究室で選択したテーマが、AGC旭硝子との共同研究テーマだったことがきっかけです。研究テーマは革新的なプラズマディスプレイパネルの製造工程開発でした。AGC旭硝子が得意とする材料だけでなく、川下の工程までも取り込んだ部材ビジネスへと事業を拡大しようという非常にチャレンジングなテーマです。ガラス以外の樹脂材料や薄膜技術などを融合して新しいものが生まれるワクワク感と、諸先輩が困難な課題に対して激しく議論する姿を見て、一緒に仕事をしたいと感じたのが入社のきっかけでした。現在、ゼロから新規提案した技術をもって、開発している新商品をお客さまに届けることを目指しています。そのためには、これまで以上に社外に対してのアピールが必要であり、今後は人脈形成や情報収集の幅をさらに広げ、お客さまやパートナー企業も巻き込めるような「ワクワクするストーリー」を提案していこうと考えています。

AGC旭硝子のオススメポイント

研究開発分野におけるAGC旭硝子のオススメポイントは、その気になれば「なんでもできる会社」であることです。まず、年齢に関わらず面白い提案に対しては、やってみろといってもらえる風土があります。また、さまざまな分野の専門家や工程に対応する設備など社内のリソースが充実しており、共感が得られれば有効に活用することができます。自分の思いを形にしたい技術者にとって、こんな自由な開発組織は、なかなかないと思います。

ページトップへ