渡邊 亮介 Ryosuke Watanabe

AGC PERSONS 技術系

渡邊 亮介 Ryosuke Watanabe 情報システムセンター(取材当時)|2013年入社 経営工学系|渡邊 亮介 Ryosuke Watanabe 情報システムセンター(取材当時)|2013年入社 経営工学系|

仕事・研究内容

国内外のコミュニケーションインフラの整備と運用保守を担当しています。コミュニケーションインフラとは、世界の各拠点をつなぐネットワーク、日々利用するPCはもちろんのこと、社用のスマートフォン、メールシステム、文書/データ共有システムなど、社内外のコミュニケーションの基板となる仕組みを指します。これらを一括で管理することで、コミュニケーションや意思決定を迅速化し、セキュリティレベルもある一定の品質を担保することが可能となります。その中で、わたしは関連会社も含んだビジネスの要件に合わせて各種システムを導入し、運用保守を行うだけでなく、環境の変化に応じた改善を実施して導入による効果を最大化するための業務を行っています。

仕事のやりがい

仕事にやりがいを感じる瞬間は、やはり当初の狙い通りにシステムの導入に成功し、利用者に満足してもらえた時です。わたしが担当するシステムは、国内外を問わず、導入した拠点のほぼ全員の社員が利用することを前提としたものが多く、仕事の影響範囲は非常に大きなものがあります。システム導入時には、ビジネス目線での狙いと導入先の会社、拠点側の要件や利用者の希望を鑑みて、方針やシステムの細かな仕様を検討します。コストの制約もありますので、すべてが利用者の希望通りというわけにはいきませんが、狙いを達成することを前提に、どのようにすればシステムの導入効果を最大化し、利用者にも満足してもらえるかと考えるのがわたしの役目。細かな議論や調整を何度もしながら進めるなど、泥臭い部分も多いのですが、それだけに無事システム導入に成功し、利用者から感謝の声を聞いた時は、日頃の努力が報われる思いです。

渡邊 亮介 Ryosuke Watanabe

入社動機、今後の目標

就職活動をはじめた頃はSEという仕事は視野に入っていませんでした。しかし、さまざまな業種・職種の説明会を聞くうち、ITを活用して企業の経営戦略実現に貢献する社内SEという仕事に興味をもちました。その中で、世界トップクラスのガラスメーカとしてグローバルに事業を展開するAGC旭硝子、そのIT戦略を担う情報システム部に惹かれました。少数精鋭主義であり、若いうちから責任ある大きな仕事を任せてもらえるというお話しは非常に魅力でしたし、選考過程で人を大切にする文化を感じたのが、入社の決め手になりました。今後はSEとして現在担当している範囲だけでなく、より幅広い分野の知識や技術を身につけたいと思っています。新しい技術やサービスが登場した時に、AGC旭硝子にとってどのような価値があり、どうすれば効果的に導入できるかを具体的な手段に落とし込んで考えられるようになることも目標です。AGC旭硝子の成長だけでなく、その先にいらっしゃるお客さま、社会にも貢献できる提案ができるよう、日々努力をしていきたいと思っています。

AGC旭硝子のオススメポイント

わたしが思うオススメポイントは、社員に若いうちからいろいろと経験をさせ成長をはかろうという風土があるところです。たとえば、インドネシアへのシステム展開時には、入社2年目ながら主担当を任せられ、何度も現地に赴きさまざまな要件の調整からシステムの導入や教育、運用支援に至るまでを主体的に実施しました。もちろん、まわりのサポートを受けながらではありますが、メンバーの一人としてではなく、主担当として仕事に携わることで学ぶことも多く、自分の成長に繫がったと感じています。
また、新しい技術やサービスへのキャッチアップが早いのもAGC旭硝子の魅力。有益そうな情報は積極的に情報収集し、早い段階から他部門を巻き込んで導入検討を行います。こういったスピード感に魅力を感じる人にも面白い環境だと思います。

ページトップへ