生産技術部

新商品を迅速に量産化し
AGCの競争力を確立する

生産技術部は、研究所で生まれた試作品を量産するためのプロセス技術・設備技術を開発し、実際の工場に導入・稼働できるところまでつくりあげていく。「どのようにつくるか」というプロセス自身の問題に加え、「どのように具現化するか」という設備技術の双方が不可欠。競争力に優れた最強の生産システムを構築するのが、生産技術部の使命だ。

最高水準の技術で最適な生産システムを構築する

グローバルに事業展開するAGCが、生産システムにおいて追求するのは国際競争力だ。スピード、コスト、クオリティのすべてにおいて優位性を追求するのはもちろん、作業の安全性や環境、直近ではSDGsへの配慮も欠かせない。一方で、ビジネスとしてはどこにもない商品を次々と、しかも他に先駆けて世に出していく必要がある。このため生産技術部では、プロセス開発部門と設備技術部門が一体で動くことで開発を加速している。
生産技術部が重点課題として掲げるのは「起点」「共創」「革進」。生産技術者が起点となり、世界と共創して、生産システムに革進を起こしていくということだ。営業や商品開発・製造まで巻き込んで、シームレスかつ自律的に活動する、という組織を目指す。また、それらの活動を社内だけにとどめるのではなく、お客さま・サプライヤーや大学などの研究機関とともに、オープンかつグローバルにイノベーションを推進していき、事業を差別化する最強・最適な生産システムを最速で構築する。

技術力+人間力=突破力で、プロジェクトを実現

生産技術部で活躍できる人財。それは、単に技術を持ったスペシャリストというだけでは足りない。一つの設備、一つのプロジェクトを最後までまとめあげていくには、社内外の多くの人びとと対話し、交渉するジェネラリスト的能力が不可欠だ。技術はもとより、ビジネスのこと、人間・社会全般にまで及ぶ幅広い好奇心と、障害があってもそれを乗り越えていけるだけの「突破力」、最後まで諦めない「やり抜く力」が求められる。
例えばプロセス開発では、扱う材料や商品の特性を理解するために、研究所やカンパニーとの積極的な議論が不可欠だ。また、設備技術では海外に工場を建設するとなれば、現地を調査し、立地を決め、その国の政府・地方行政機関・周辺住民との折衝から現地での業者選定、従業員採用など、技術開発以外の多様な業務が待ち構えている。そんなたくましい「突破者」のDNAが生産技術部には継承されている。

  • 技術力+人間力=突破力で、プロジェクトを実現
  • ガラスプラント生産技術部門

多様な業務・事業を経験するなかで成長

生産技術部での人財育成は製造現場からスタートする。新人は一定期間、工場実習でAGCのものづくりを体験する。その後は、工場でラインの改善・保全、プロセス・設備技術の開発、プロジェクトの一員として設備の展開、という3つの業務をローテーションしながら適性を見出していく。
AGC生産技術部の魅力は、多様な事業を渡り歩くことができる点だ。ガラス事業を経験したら次はエレクトロニクス事業というふうに、異なる事業のなかで社外の企業・組織なども含めて多様な人と交流し、自らの技術の幅を広げていける可能性がある。プロセス開発者は、事業とサイエンスの両方の視点を肌で感じながら自分で成長を実感できる。また、設備技術者は、若手のうちからプロジェクトマネジャーを経験させるのも特長だ。事業部門や製造部門、協力会社のスタッフとともに一つのプロジェクトを運営していく。近年では海外の専門メーカーや研究機関との共同開発のケースも増えており、グローバルなフィールドで成長していける土壌が生産技術部にはあるといえる。

グローバルな活動領域で、多彩な技術が吸収できる

AGCはガラスを中心にエレクトロニクスや化学品など幅広い事業を展開している。そのなかで生産技術部は、国内外の工場や関係会社の設備部門を管轄していることから活躍の場も広い。
さらに生産技術部は部門内にエンジニアリング会社を抱えており、世界の名だたるメーカーに対して社内で培ったプロセス・設備技術をソリューションとして提供するビジネスも展開している。そこでは、AGCとはまったく業種の異なる製造業の知見・技術を磨いていくチャンスも広がる。多彩な技術、多様なビジネスに触れる機会が豊富という意味で、能力を広げ、経験値を高めていきたい技術者には魅力な部門といえるだろう。AGCが描く未来の姿を、生産プロセスとして具現化していく醍醐味が生産技術部にはある。

  • グローバルな活動領域で、多彩な技術が吸収できる
  • ガラスプラント生産技術者のキャリアパス

自由公募で夢を実現する「待ち伏せ開発」

生産技術部での開発は、商品開発研究所から、あるいはカンパニーからの依頼に応えてスタートするケースばかりではない。生産技術部として独自に将来のマーケットの動きを予測し、新たな技術開発に挑む制度を設けている。ニーズが発生したときにスムースに生産に移行できるよう先行開発しておくという意味で、部内では「待ち伏せ開発」と呼んでいる。事業化オファーがあればスピーディーに具現化に着手し、生産までのリードタイムを短縮することが可能となる。
「待ち伏せ開発」の開発テーマは自由公募で決定する。プロセス系と設備系、すべての技術者に応募資格がある。「待ち伏せ開発」は生産技術部の技術者にとって、自らのアイデアを具体化できる夢を実現するための場なのである。