CAREER 01 海外駐在経験者座談会
CAREER 01

海外駐在経験者座談会

海外で活躍できるチャンスが多いことも、グローバル企業であるAGCならではの醍醐味です。
ここでは、それぞれ中国・タイ・アメリカでの駐在経験を持つ3人に、
海外で仕事をすることの苦労や、AGCならではの面白さなどについて語り合ってもらいました。
PROFILE
  • 浅沼 恵輔
    浅沼 恵輔
    Keisuke Asanuma
    ビルディング・産業ガラスカンパニー
    アジア事業本部 技術・製造統括部
    生産技術・管理グループ
    フラットガラス開発チーム
    2009年入社/工学研究科修了
    ガラスの製造、生産技術の開発を担当。2012年から4年間、タイのパタヤ近郊にあるガラス工場に駐在し、生産ラインの立ち上げや改善に携わる。
  • 高野 真衣
    高野 真衣
    Mai Takano
    化学品カンパニー
    機能化学品事業本部
    フロロポリマーズ事業部
    フィルム事業グループ
    2013年入社/商学部卒
    化学品領域におけるAGCの主要製品であるフッ素樹脂フィルムの営業を担当。2018年から1年半、アメリカの現地法人にトレーニーとして派遣される。
  • 冨谷 周
    冨谷 周
    Amane Tomiya
    電子カンパニー
    ディスプレイ事業本部 営業企画部
    2009年入社/人間環境学研究科修了
    入社以来、TVやスマートフォンなどに用いられる液晶ディスプレイ用ガラスの営業に従事。2013年から6年間、中国・昆山の現地法人に駐在。
※所属部署は取材当時のものです。
  • theme01

    海外駐在のチャンスは、
    こうして巡ってきた

    海外駐在のチャンスは、こうして巡ってきた
    高野
    冨谷さんは、つい最近まで中国に駐在されていらっしゃったんですよね。
    冨谷
    私は入社以来、液晶用のディスプレイ用ガラスの営業に携わっていますが、入社5年目に昆山にある現地法人に赴任することになり、当時急拡大していた中国のマーケットを開拓するミッションを託されました。もともと海外駐在は希望していて、上長との面談でも毎年訴えていたので、チャンスが巡ってきたという感じでしたね。
    高野
    以前から中国語はお得意だったのですか?
    冨谷
    いやまったく話せなかったよ。そんな人間を赴任させるのもAGCの懐の深さだと思うのですが、当初はやはり言葉が通じず、お客さまとも通訳を介していたので意思の疎通に苦労しました。しばらく経ってから4ヵ月半ほど、業務から離れて現地の大学で中国語の習得に専念できる機会を与えてもらい、それで何とか中国の人ともコミュニケーションできるようになってきました。
    浅沼
    海外に駐在する社員への語学教育の支援は非常に手厚いですね。海外赴任が決まると社費で語学研修を受けられる権利が与えられて、それは駐在時も有効でした。私はタイのガラス工場に技術者として赴任したんだけど、現地でタイ語の勉強に充てさせてもらいました。私も冨谷君と同じように入社時から「いつかはグローバルで仕事がしたい」と思っていたんだけど、入社4年目の夏にタイ工場駐在の辞令が下り、予想よりもずいぶん早くて驚いた記憶があるなあ。
    高野
    私は化学品カンパニーのトレーニー(研修生)として1年半、アメリカのフィラデルフィア近郊にある拠点に駐在しました。実はそれまで海外駐在は希望していなくて、突然トレーニーに選ばれて驚きました。でも、実際に駐在して本当に貴重な経験を得たと思っています。
  • theme02

    海外に駐在すると、
    大きな裁量が委ねられる

    海外に駐在すると、大きな裁量が委ねられる
    冨谷
    海外拠点の日本人駐在員は少数で、マネジメントに近い役割を担わなければならないので、日本にいた時よりもおのずとポジションが高くなります。私も中国ではローカルの営業スタッフを率いるリーダーのような役割を任され、その現地法人(昆山営業、華北エリア)の営業マネージャーを務めました。
    高野
    では当時、ディスプレイ用ガラスの中国華北エリアの営業は冨谷さんご自身が指揮されていたんですね。
    冨谷
    とはいっても、組織そのものが小さいので自分が先頭に立って営業しなければなりません。中国は広大でお客さまも多地域にわたっており、毎週のように飛行機に乗り、各地のお客さまを次から次へと訪問して……当時、中国のディスプレイパネル産業が急成長していて、ここで先んじてAGCがシェアを獲らないと海外の有力な競合に負けてしまうというプレッシャーもありました。苦労も多かったけど、チームのスタッフたちが集めてきた情報をもとに戦略を練り、本社の承認を得て実行に移した結果、目論見通り現地のお客さまから受注を獲得できた時は大きな達成感がありました。努力した甲斐あって、中国におけるAGCのシェアを拡大することもできたんです。
    浅沼
    確かに、海外に駐在すると若いうちから責任ある仕事を託されますね。私はガラスの製造職として赴任しましたが、日本だと4~5年目ぐらいのキャリアなら工場のラインの一部を任される程度です。でもタイの工場に赴任するや否や、ラインの立ち上げや製造管理を任されました。それまで経験したことのない領域についても、現地のスタッフとコミュニケーションをとって、何か問題が発生したらすべて自分で判断して解決策を示していかなければならない。責任が大きい分、やり遂げた時の喜びは格別でした。
  • theme03

    国内にいるだけでは
    味わえなかった興奮の連続

    国内にいるだけでは味わえなかった興奮の連続
    冨谷
    高野さんはアメリカでどんな経験をしたの?
    高野
    私は入社後、2年半の工場勤務を経たあと、ずっとフッ素樹脂フィルムの営業を担当しているのですが、米国でも現地のスタッフと一緒にこのフッ素樹脂フィルムのマーケティング活動に関わりました。
    浅沼
    AGCのフッ素樹脂はいろんな用途があるけど、有名なものだと巨大スタジアムなどの建築物の外壁などにも使用されていますよね。
    高野
    はい。ただ、欧州やアジアではすでに実績があったのですが、アメリカではまだAGCのフッ素樹脂フィルムが大型スタジアムに導入された事例がなかったんです。私が赴任した時、ちょうどアメリカで初の受注に向けたプロジェクトが進んでいて、私も現地メンバーとしてそこに参加させてもらうことに。お客さまへの提案は順調に進んでいたのですが、一つ問題があって、お客さまから業界でも特例となる要求事項があったのです。最初、米国法人が日本の本社に問い合わせた時は「その対応は難しい」との回答だったのですが、本社側の事情に通じている私は、重要性が伝われば本社もきっと賛同してくれるという自信がありました。そこで、このお客さまの要望に応えることがプロジェクトの成功にとっていかに重要かを訴えたところ、特例を認めてくれてこの大きな案件を受注することができたのです。その時は米国のスタッフのみなさんと喜びを分かち合い、自分がプロジェクトに貢献できたことがとてもうれしかったですね。
    冨谷
    トレーニーとして派遣された高野さんが、米国で立派な戦力になって活躍したんだね。
    高野
    私はそのプロジェクトで建築用途のフッ素樹脂フィルムについてもある程度詳しくなったのですが、ちょうどその頃、米国法人では南米の建築材料市場にもアプローチしていこうという戦略を掲げていました。そこで、南米に出向いてお客さまにプレゼンする役割を託され、ブラジル、ペルー、コロンビアに赴きました。未知の国々を訪れるのはとても面白く良い経験になりましたし、プレゼンも好評で、グローバルでまだまだ市場を開拓できるという手応えを感じました。たぶん、日本にいたらこんな経験は味わえなかったと思います。
  • theme04

    異質な環境が、
    自分を成長させてくれる

    異質な環境が、自分を成長させてくれる
    浅沼
    海外に駐在すると、異なる文化や価値観に触れながら仕事ができることも刺激的でした。タイ人は総じておおらかな傾向があって、仕事を進める上では彼らの気質に合わせたマネジメントをしなければならないのですが、そんななかで信頼関係を築いていくのが面白かったです。現地のスタッフの結婚式にわざわざ招待してもらったこともあって、その時はちょっと感激しました。
    冨谷
    私も当初、中国人スタッフのマネジメントにとても苦労しました。赴任した時、まわりの営業スタッフはみな年上で、面子を重んじる中国の人にとっては、いきなりやってきた若造の私にあれこれ指図されるのが受け入れ難かったようで、軽んじられたこともあった。でも、お客さまとの交渉の場などで彼らをしっかりとサポートし、結果を出して徐々に信頼を獲得し、チームとしての一体感が生まれてきた時は胸に来るものがありました。私が駐在した間に、中国人スタッフの営業力の底上げができたと思うし、それも私が残せた成果ではないかと思います。
    高野
    私の場合は、アメリカではYES・NOの意思表示がその場で明確に求められます。日本だと、曖昧な指示でも相手が意図を汲んでくれますが、アメリカではそうはいかない。でもその文化に慣れてしまうと、逆に日本のビジネスの進め方がスピードに欠けているように感じることも。世界で勝ち抜いていくためには意思決定のスピードが重要だと思うので、帰国してからは意識して周囲に働きかけるようにしています。
    冨谷
    私も中国から帰国して「声が大きくなった」「主張が強くなった」と言われています(笑)。でも、中国のマーケットを理解できたことは、私が今手がけているグローバルな戦略立案に大いに生きていますね。
    浅沼
    海外駐在を経験すると、本当に成長できますね。タイでの4年間で私も非常にタフになったし、今は日本で新たな製造技術の開発に取り組んでいるのですが、タイでの経験からどんな問題でも自分で解決できる自信がつきました。
    冨谷
    海外に赴任すると大きな裁量が与えられるので、自分でやりたいように仕事ができる。もちろんそこに大きな責任が伴うのですが、だからこそ常に何をすべきか自分で思考して行動する力がおのずと身についていきます。海外駐在は、チャンスがあるならば若いうちにぜひ経験しておいたほうがいいと思います。