2017年01月31日製品

スマート調光ガラスのKinestral Technologies社へ出資―新時代のインタラクティブガラスでIoT時代の新たなビジネスモデルの実現へ―

AGC旭硝子(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉、)は、米国カリフォルニア州のスマート調光ガラス開発会社 Kinestral Technologies社(Kinestral)が発行する、総額65 百万米ドルの新規発行株式の一部を引き受け、同社へ取締役1名を派遣し、パートナーシップを強化していきます。AGCグループでは、2018 年の上市に向け、次世代スマート調光ガラス、ヘイリオ(Halio TM )の共同開発を加速させていきます。これによって、建物の窓がインターネットにつながる、ガラスのIoT(Internet of Things)を実現し、新たなガラスのビジネスモデルを構築していきます。

Kinestralが開発したスマート調光ガラス、ヘイリオ(Halio)は、最新の材料科学、デバイス物理学、自動化システム、およびクラウド・ソフトウェア技術を組み合わせた、高機能かつ反応性の良い自然光管理システムです。

ヘイリオ(Halio)は、澄み切った外観かつ、均一な色合いで、透明から柔らかなライトグレーへ、そしてプライバシーを守るためのダークグレイまで自由自在にトーンを調整できます。リアルタイムの応答性により、床から天井までの大きな窓でも、約3 分で最も暗いグレーの色調になります。色調の変更に電力を使用しますが、その維持にエネルギーは不要です。音声コマンドや、壁掛けコントロールを使用して、手動で操作することが可能です。


AGCグループは、経営方針AGC plusの下、世の中に、「安心・安全・快適」を、お客様に、「新たな価値・機能」を、プラスする製品づくりに取り組んでまいります。過去100 年を超えて、ガラス産業における技術革新とイノベーションを牽引してきた経験を活かし、ガラス産業の革新を進めていきます。


Kinestral Technologies Inc.について

米国カリフォルニア州、サウスサンフランシスコを拠点とし、スマート調光ガラスの製造、組み立てと調光制御システムを開発し、また多くの関連特許を保有しています。

本件に関するお問い合わせ
AGC 旭硝子 経営企画部 広報・IR 室長 玉城 和美
担当:烏山
TEL: 03-3218-5603
E-mail: info-pr@agc.com