2017年08月24日経営

第11世代TFT液晶用ガラス基板の製造窯を中国で建設

AGC旭硝子(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)は、旭硝子顕示玻璃(恵州)有限公司(広東省恵州市仲愷開発区)に第11世代TFT液晶用ガラス基板の製造窯を建設します。本件投資にあたっては、AGCグループ内から最新鋭の設備を移設することにより、グループの総生産能力を維持し、また設備投資額を大幅に圧縮します。なお、本日現地にて同製造窯の鍬入れ式を行いました。量産開始は、2018年4Q~2019年1Qの予定です。

近年、中国ではTFT液晶用パネルの生産量が増加しており、これに伴いガラス基板の需要も急速に拡大しています。AGCグループは、こうした需要拡大に対し、江蘇省昆山市、広東省深圳市に加工拠点を、広東省恵州市に素板製造拠点を置き、供給体制を整えてきました。
今後は特に第11世代ガラス基板※を使用するTFT液晶用パネルの需要が大きく増える見込みであることから、同サイズ専用のガラス基板製造窯を建設することとしました。

鍬入れ式 鍬入れ式

AGCグループは、経営方針AGC plusの下、液晶用ガラス基板事業において、キャッシュ創出を最大化する供給体制を構築し、お客様に「新たな価値・機能」と「信頼」をプラスするとともに、企業価値の向上を目指します。


※第11世代のガラス基板サイズ:3,370mm×2,940mm

<ご参考>

■旭硝子顕示玻璃(恵州)有限公司の概要

 所在地

 中華人民共和国 広東省 恵州市 仲愷開発区

 設立年月

 2015年5月

 出資比率

 旭硝子株式会社:100%

 事業内容

 TFT液晶用ガラス基板の製造・販売

■AGCグループのTFT液晶用ガラス基板生産

AGCグループのTFT液晶用ガラス基板生産拠点地図
本件に関するお問い合わせ先
AGC旭硝子 経営企画部 広報・IR室長 玉城 和美
担当:高橋
TEL: 03-3218-5603
E-mail: info-pr@agc.com