2017年12月13日経営製品

鹿島工場でネットZEB施設の建設を開始

当社省エネ・創エネ製品を活用し、エネルギーを創出する建物実現へ

AGC旭硝子(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)は、当社鹿島工場(茨城県神栖市)にネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB*1)施設の建設を開始しました。当社の省エネ・創エネ製品を活用した同施設は114.7%のエネルギー削減*2を達成する見込みで、2018年12月の竣工を予定しています。

2030年に向けた日本の温室効果ガス削減目標(2013年度比26%減)の達成に向けて、建築物のZEB化が急務となっています。当社は「自社製品で省エネ・創エネを実現」をテーマに、消費量を上回るエネルギーを創出する本事務所棟の建設に着手しました。当社の遮熱・断熱製品が省エネに貢献する他、窓にもガラス一体型の太陽光発電モジュールを使用することで、屋根に加えて開口部も活用したエネルギー創出を実現します。
なお、当社は本事務所棟の建設にあたり、「ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業」*3の補助金の採択を受けています。

イメージ図 鹿島工場本事務所棟 概要
所在地:茨城県神栖市東和田25
建物用途:事務所
延床面積:1,435平方メートル
階数:地上2階建て
ZEBランク:ZEB
完成予想図:左記

■鹿島工場本事務所棟 省エネルギー性能(見込み)

区分 削減率 エネルギー削減に寄与する当社製品
省エネルギー 50.4% Low-E複層ガラス「サンバランス®トリプルクール」、
ウレタンフォーム断熱材の原料「エクセノール」
創エネルギー 64.3% ガラス一体型太陽電池モジュール「サンジュール® SUDARE」
合計エネルギー削減率 114.7% *基準一次エネルギー消費量比の削減率

AGCグループは、経営方針AGC plusの下、今後も「安心・安全・快適」な高付加価値製品・サービスを開発、提供し、地球にやさしい建物づくりに貢献します。

<本文注釈>

*1 ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル):省エネルギー化の実現と再生可能エネルギーの導入により、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物。一次エネルギー消費量の削減率によって、ZEB、Nearly ZEB、ZEB Ready の3 段階に分類される。

<ZEBの定義・要件>

名称 定義 1-設計一次エネルギー消費量/基準一次エネルギー消費量 創エネの形態
創エネ除く 創エネ含む
ZEB 年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの建築物 50%以上かつ 100%以上 自家消費分に加え、売電分も対象(設置場所は敷地内)
Nearly ZEB ZEB Readyの要件を満たしつつ、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量をゼロに近づけた建築物 75%以上~100%未満
ZEB Ready 外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備等を備えた建築物 50%以上~75%未満
*2 基準となるエネルギー消費量(2016年省エネルギー基準において、地域、建物の用途および部屋の用途毎に定められている冷暖房、換気、給湯、昇降機等のエネルギー消費量の合計値)と比較した場合の削減量
*3 ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業:環境省の委託を受けた一般社団法人静岡県環境資源協会が進める事業。

<ご参考>

■施設に使用される当社の省エネ・創エネ製品

本件に関するお問い合わせ先
AGC旭硝子 経営企画部 広報・IR室長 玉城 和美
担当:駒崎
TEL: 03-3218-5603
E-mail: info-pr@agc.com