2019年05月09日製品

高精細・大画面ディスプレイ向け大型ガラス基板「AN Rezosta」を開発

業界最高水準の高ヤング率で、より美しく、大きなパネルの生産を実現

AGC(AGC株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)は、業界最高水準の高ヤング率を持つ、高精細・大画面ディスプレイ向け大型ガラス基板「AN Rezosta」の開発に成功しました。当社は今後、本製品をお客様へご提案していくとともに、2019年内の量産体制整備を目指します。

近年、テレビやデジタルサイネージなどの大型ディスプレイで8Kと呼ばれる超高精細・大画面パネル、ゲーム用モニターやノートPCなどの中型ディスプレイで高精細・高速駆動パネルの採用が拡大しています。これらディスプレイパネルの製造工程では、金属膜の厚膜化やIGZO*1プロセスの採用による高温化が進んでおり、母材となるガラス基板には、金属膜の膜応力による反りの抑制(高ヤング率化)と熱処理による収縮が小さいことが求められています。

AGCはこれまで、全てのパネルサイズに対応可能な中小型~大型パネル用ガラス基板「AN100」と、第6世代サイズを中心とした小型・超高精細パネル用ガラス基板「AN Wizus®」を、お客様の用途に合わせてご提供してきました。今般、市場拡大が見込まれる大画面・超高精細・高速駆動パネルの性能と生産性の向上を実現するために、「AN100」よりヤング率が高く熱収縮が小さい、大型ガラス基板「AN Rezosta」を開発しました。

「AN Rezosta」は、85GPaという業界最高水準の高ヤング率と低熱収縮率を備えており、また第8世代などの大サイズ基板の製造と安定的な供給も可能なことから、お客様の大画面・超高精細・高速駆動パネルの性能や生産性の向上に寄与します。

AGCは、ガラス材料設計、フロート法による高度なガラス製造技術など幅広いガラス技術を追求し、今後も高度化の進むディスプレイ産業の発展に貢献していきます。

【AN Rezosta の主な特性】
AN100 AN Wizus® AN Rezosta
ヤング率*2 77 GPa 85 GPa 85 GPa
熱収縮率*2 *3 9 ppm 5 ppm 7 ppm
主な基板サイズ 全世代 第6世代
1500mm x 1850mm
第8世代
2200mm x 2500mm
想定プロセス a-Si*4 LTPS*5 a-Si/IGZO

【注釈】

*1 酸化物半導体の一種
*2 AGC測定結果
*3 450℃で1時間の熱処理後の収縮率
*4 アモルファスシリコン
*5 低温ポリシリコン

【製品画像】

AN RezostaTM AN Rezosta
製品画像は、下記URL先またはQRコードの読み取りによりダウンロードいただけます。
https://agc2.box.com/s/55x2h9aov4iau9zz48axxfr1sxlojeka
   
※画像はご自由にご使用ください。
※ご使用の際はクレジット「画像提供:AGC株式会社」を入れてください。
◎本件に関するお問い合わせ先:
AGC株式会社 広報・IR部長 玉城 和美
担当:太田
TEL: 03-3218-5603
E-mail: info-pr@agc.com