共通基盤技術とコア技術

長年蓄積・深化された共通基盤技術をベースに、高度に洗練された材料科学、材料科学を融合しさらなる高機能化を達成する機能設計、安定的に高品質な製品生産を可能にする生産技術をコア技術として保有しています。またお客様の期待に応える取り組み、素材利用の提案を通じて培った、各種素材を部材に組み上げる部材設計の技術も保有しており、素材の機能を極限まで引き出します。

生産技術

ガラス製造プロセス

ガラスは、原料の溶解、成形、徐冷、切断、梱包といったプロセスを経て生産されます。AGCではフロート法による建築用・自動車用のソーダライムガラス生産で培った技術・ノウハウを基に、ディスプレイ用無アルカリガラス、カバーガラスや今後の新硝材に対応する新規ガラス製造プロセスの開発を行っています。今後も、生産技術を進化させ、お客様に高品質・高機能なガラスを提供します。

ガラス成形・加工

紀元前から続くガラスの歴史は、ガラス成形加工技術の進歩の歴史そのものです。原料を溶かしたガラスを、所望の形に曲げ、切り、磨くなどの成形加工技術を駆使して、最終的に使われる商品に仕上げますが、製品ニーズの変化や機能要求の高まりに対応して、このガラス成形加工技術開発は継続して行われています。

ガラス成形は、一般に500℃以上の高温の領域で行われ、プレス法等の機械的な加圧やブロー法等の空気やガスでガラスを加圧変形させながら冷却固化させます。温度だけでなく成形する雰囲気や金型等にも重要な技術要素があります。

ガラス加工は、脆性材料であるガラスの表面や端面が、機能的で美しい表面を得るために、機械的な作用だけでなく化学的な作用を併用するような研磨や、レーザー等の最新技術を使った生産性と品質を同時満足するような切断面取り加工など複数の技術を選択します。

更により割れにくいガラス製品にするために、温度差を利用した物理強化やイオン交換を利用した化学強化等の強化処理も行うことで、ガラス製品の機能をより高めています。これらの技術は自動車の内外装用のガラスだけでなく、食器等の家庭用品、スマートフォンの筐体やレンズなどの電子、光学部品に加え、最近ではバイオ技術分野の予防や診断にも貢献しています。

化学プロセス

化学品の分野では、塩(NaCl)の電気分解を起点にクロールアルカリとウレタンからなる基礎化学品事業を展開するとともに、塩素・フッ素チェーンを軸として、構造材や機能材料としてのフッ素系ポリマーや冷媒を含むガス溶剤製品などの高機能フッ素製品を扱う機能化学品事業、さらにはフッ素化学技術を中心とした医農薬中間体事業を拡大しています。そこには電解技術、有機・無機反応制御技術、分離・精製技術、流動・伝熱・攪拌技術、回分・連続反応技術、化学プラント設計技術などのAGCが保有する化学プロセス関連コア技術がしっかりと根付いています。これらの技術力、開発力を駆使し、現在の製品群だけでなく、モビリティ・エレクトロニクス・ライフサイエンス・環境分野に貢献する製品を世の中に提供し続けています。

樹脂成形

フッ素樹脂フィルムの押出成形・熱ラミネートをはじめ、樹脂材料及びガラスと樹脂を一体化する射出成型技術を保有しています。また、ガラス・樹脂材料への機能付与、複合化のニーズに応えるためRtoRコーティング、ラミネート技術を深化させています。モビリティ、エレクトロニクス分野の新商品開発の為、各種成形加工技術の提案を行っています。

タンパク質製造

タンパク質は生物が機能を発揮するために必要な成分であり、ライフサイエンス分野では様々な用途があります。AGCではこのような重要な機能を持つタンパク質を製造する技術を開発してきました。

医薬品として広く使用されているバイオ医薬品の主成分はタンパク質ですが、複雑な構造のタンパク質を医薬用に製造するためにはさらに高度な技術を必要とします。AGCはタンパク質製造に必要な遺伝子組換え技術ASPEXの開発実績を持ち、大量製造に必要な培養・精製技術、品質管理試験に関する豊富な知見・ノウハウを保有し、バイオ医薬品や酵素剤など、お客様に価値ある製品を提供しています。

微生物・動物細胞培養

ライフサイエンス分野における様々な生物由来製品を製造するためには、各種細胞を大量に増殖させる技術が極めて重要です。

AGCは大腸菌や酵母をはじめとした微生物培養技術、さらにCHO細胞を代表とする動物細胞培養技術を保有しています。これらの技術を活用し、抗体を含めたバイオ医薬品や酵素等の製造を行っています。

さらに、現在大きな注目を浴びている幹細胞(ヒトiPS細胞やヒト間葉系幹細胞など)の培養技術開発を行っています。幹細胞は細胞医療・再生医療に活用できることで大きな注目を浴びていますが、高純度の幹細胞を製造する技術が重要です。AGCは将来事業に向けた培養技術開発を継続しています。