2019年02月19日経営

米国Taconic社のADD部門グローバルオペレーションを買収

AGC(AGC株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)は、米国Taconic社との間で、Taconic社のAdvanced Dielectric部門(“ADD部門”)とIndustrial Product部門(”IPD部門”)の一部を取得することにつき合意し、株式譲渡契約を締結しました。なお、本件買収は、関係当局の承認を前提としています。

Taconic社は1961年創業で、特にADAS(先進運転支援システム)や高速通信などの高性能用途のプリント基板材料であるスーパーハイエンドリジットCCL(Copper Clad Laminate、銅張積層板)の製造・販売を行うADD部門と、半導体製造、コンポジット成形、封止およびパッケージングなどの産業用に使用される複合フィルム、ファブリックおよびテープの製造・販売を行うIPD部門から構成されています。

AGCは、次世代高速通信関連市場におけるハイエンド部材・ソリューション提供メーカーとして今後、積極的に事業展開していくため、Taconic社ADD部門のグローバルオペレーションと産業用複合フィルム事業の一部を買収することとしました。
AGCグループは、経営方針 AGC plus の下、モビリティ、エレクトロニクス、ライフサイエンスを戦略事業と位置付けており、今回の買収はモビリティ及びエレクトロニクス事業の強化を目的としています。AGCは昨年12月に完了したPark Electrochemical社のエレクトロ二クス事業買収と今回のTaconic社事業買収により、5Gや自動運転の普及等により高い成長の見込まれるハイエンドリジットCCL市場での事業基盤を確立します。また、AGCの有するフッ素やガラス材料等とTaconic社の産業用複合フィルム製品、技術・ノウハウ等を融合することで、幅広いお客様のニーズに貢献してまいります。

ご参考

Taconic 社概要
・代表者 Andrew Gordon Russell
・設立年 1961年
・所在地 アメリカ ニューヨーク州
・従業員数 約730名(2019年2月時点)
・事業内容 ハイエンド向けプリプレグ・リジットCCL、産業用複合フィルムの製造・販売
◎本件に関するお問い合わせ先:
AGC株式会社 広報・IR部長 玉城 和美
担当:小田
TEL: 03-3218-5603
E-mail: info-pr@agc.com