LEDは高出力化に伴い発熱量が増大しますが、GCHP®は既存のパッケージ用基板よりも放熱性や変色劣化に対する信頼性に優れ、紫外線から赤外線領域までの幅広い波長のLED製品の高出力化と耐久性向上を図ることができます。
また、可視光域ではアルミナ基板に比べて反射率が約20%高いために輝度を高めることができます。
今後、市場拡大が見込まれる半導体レーザーの分野でも、GCHP®の放熱性能は出力UPに寄与します。

使用用途

  • 可視光LED
    車載照明、室内・屋外照明、道路・トンネル照明
    水銀灯代替の照明、街路灯、防犯灯、医療用照明 等
  • 赤外線LED
    ドライビングモニター、監視カメラ、センシングカメラ、ナイトビジョン 等
    ジェスチャー認識、コミュニケーションランプ 等
  • 紫外線LED
    樹脂硬化、殺菌・滅菌、水質浄化、医療用照明、高演色性照明 等
  • 半導体レーザー(EEL/SEL/VCSEL)
    車載照明(ヘッドランプ)、プロジェクター、3Dセンシング、ToFカメラ、自動運転(LiDAR) 等

水質浄化
(紫外線LED)

車載ランプ
(可視光LED)

自動運転アプリケーション(VCSEL)

GCHP®

特徴

  • ガラス素材から最終基板まで一貫生産
  • 紫外線~赤外線まで幅広い範囲での高い反射率
  • 高出力用途に寄与する高い放熱性
  • 3次元回路によるダウンサイジング
  • ガラスによる高信頼性(無着色)
  • ガラスによる高い気密性
  • ガラスによるハンダクラック抑制

GCHP®とは

GCHP®(Glass Ceramics Hybrid Package)は、LTCC(Low Temperature Co-fired Ceramics)の技術と、AGCのガラス材料技術を組み合わせて開発された新しいガラスセラミックスハイブリットパッケージ基板です。

GCHP®の特長は、上にまとめていますが、LED用途では高い反射率、高信頼性、高い放熱性といった特徴を活かし、車載用途などの可視光LED製品に適しています。また、可視光のみでなく、紫外線から赤外線領域まで高い反射率を有するため、今後の需要拡大が期待される、赤外線LED、紫外線LED等のより高出力が求められるLED製品のパッケージ基板としても優位性を発揮します。
GCHP®は端面発光レーザー(EEL)、面発光レーザー(SEL)、垂直面発光レーザー(VCSEL)などの半導体レーザーでも近年の高出力化に対応して高い放熱性を持たせた設計が可能となっています。
特に、自動運転システム等での3Dセンシングでの採用により脚光が当たっている垂直面発光レーザー (VCSEL)は高い放熱特性や高い信頼性が要求されるため、GCHP®が適する応用例の一つです。

【使用例イメージ】

下図に使用例のイメージを示しています。図はLED/LDチップを搭載したGCHP®パッケージ基板のイメージですが、パッケージ基板が高い反射率を有するために、内部反射によるロスを減らすことができます(左図)。
また、GCHP®は、高熱伝導性のメタルヒートシンクを埋め込むことができるため、LED/LDチップから生じる熱を外部へ逃がすことが可能です。
また、センシング用途では図中にあるような拡散板などの光学素子と組み合わせて使われますが、AGCではレンズ、拡散板、DOEといった光学素子を含めたソリューションを提供しております。

【GCHP®の高反射特性】
【GCHP®の高放熱特性】

図.LED/LDチップを搭載したGCHP®パッケージ基板

これらのGCHP®の特徴は、多くの製品の各種性能と信頼性を高めることに貢献します。